kobakei's blog

たまに書きます

iOSはじめました

最近仕事でiOSを書き始めた。正直まだ全然書けないのでひたすら本読んだりググったりしながら、練習がてら簡単そうな機能から作っている。

AutoLayout辛い

AndroidのConstraintLayoutの元ネタのレイアウトの仕組み。XcodeGUIでUIを組み立てていくのにまだ慣れない。些細なことでレイアウトが崩れるし、Storyboard開くだけでGitでdiffが出たりして辛みがある。iOS書いてると「なんてAndroid Studioはいい子だったんだ」と再認識するんだけど、原因の8割くらいはAutoLayout関連な気がする。

AutoLayout含め、iOS開発では「お前らXcodeGUIで色々できるようにしといたからそれ使って開発しろよ。それ以上のことやりたい?知るか」的なAppleの思想を感じる。Androidは逆に最低限のGUIしか提供してない代わりに、XMLいじれば大抵の要素をいじれるようにしてくれてる気がする。ConstraintLayoutも、結局XML触るしね。

Swiftはそんなに抵抗ない

もともと書いてなかったけどコード読む機会はそこそこあったので、割とすんなり入れてる。AutoLayoutで消耗しすぎて進捗は著しく悪いんだけど、慣れてくれば普通に書けると思う。今年はKotlinも書き始めたんだけど、Javamよりは文法近いのでなおさら抵抗がないのかもしれない。

ネットの記事やサンプルにたまに出てくるObjectibve-Cは、4~5年前くらいにちょっと書いてたこともあってすでに克服していたのはよかった。

昔より物覚えが悪くなったかもしれない

今回久しぶりに新しい技術を勉強してるわけだけど、20代の頃の自分だったらもっとすんなり習得できたんじゃないかという気がしていて、歳とったんだなとしみじみした。10年前のフレッシュな脳みそが欲しい。

あとは「一人前にiOS書けるようになった」と自信を持つには、簡単な趣味アプリでもいいのでゼロから書いて公開する体験が必須だと思ってるんだけど、いいネタが無い。毎年Appleにお布施を払わないといけないというのも腰が重い理由かも。誰か儲かるアプリのアイデアください。